東芝は、汎用CMOSプロセスを用いながら高効率な電力増幅を実現するトランジスタを開発したと発表した。このトランジスタを通信用ICのRFアナログ・フロントエンドに用いることで、通信速度を保ちつつ、動作時の消費電力を大幅に低減することができるとする。

ここからは会員の登録が必要です。