NTNは、CVT(無段変速機)のプーリを油圧でなく電動で押し付けるボールねじを開発し、「人とくるまのテクノロジー展2013」に展示した(図1)。ボールねじを中空、大径とし、CVTの軸を取り囲むように置く(図2)。写真で6本スポークのように突き出した部分の先端を結ぶようにリングギアを取り付ける。このリングギアと噛み合うピニオンをモータで回す。ボールねじで回転力を推力に変換し、プーリを押し付ける軸を軸方向に移動させる。ピニオンは長く、回転力を伝える場所は刻々変わる。

ここからは会員の登録が必要です。