ルネサス エレクトロニクスは、40nm世代の車載マイコンに向ける混載フラッシュ・メモリ技術について、「ISSCC 2013」で講演した(講演番号12.2)。SG-MONOS(split gate metal-oxide-nitride-oxide-silicon)と呼ぶ独自のメモリ・セル構造を採用しており、ランダム・アクセス速度が160MHz以上と速いことに加えて、170℃という高温下でも動作する。ルネサスが、同社の車載マイコンの中核技術であるSG-MONOS型混載フラッシュ・メモリ技術の詳細を発表するのは、これが初めて。同社は2013年4~6月に40nm世代車載マイコンの第1弾製品のサンプル出荷を開始し、2014年度から量産する計画である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!