韓国KAISTと韓国Samsung Electronics社は共同で、共振(共鳴)型の非接触充電向け受信回路を開発し、「ISSCC 2013」で発表した(講演番号4.1)。6.78MHzの共振周波数を利用する。最大出力は6Wと従来比で10倍以上、最大伝送効率も86%(出力3.4W時)と高い。スマートフォンなどの携帯機器に組み込むことを想定している。

ここからは会員の登録が必要です。