「ISSCC 2013」の会期初日の2月17日(米国時間)に開催されたチュートリアル「Circuit Design using FinFETs」では、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.) Program Director, Chief Technology OfficeのBing J. Sheu氏が講師を務め、FinFETを用いたスタンダード・セルやSRAM、アナログ回路などの設計手法を紹介した。同社は2013年末にリスク量産を始める16nm世代でFinFETを導入する予定であり、FinFETに関しては「問題の洗い出しを済ませており、解決策も用意できている」(Sheu氏)とした。

ここからは会員の登録が必要です。