慶応義塾大学 理工学部 電子工学科 教授の黒田忠広氏らの研究グループは、2013年2月17~21日に米国サンフランシスコで開催される「IEEE International Solid-State Circuits Conference(ISSCC) 2013」で4件の論文発表を行う。この発表件数は、富士通グループ、東芝、パナソニックと並んで国内首位である。なお、慶応義塾大学が発表する4件はいずれも、科学技術振興機構(JST)のCREST研究事業における成果。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!