2013年1月8日(米国時間)に開幕した「2013 International CES」では、米クアルコムと米エヌビディアが新型のARM系プロセッサーを展示した。どちらも演算コアとグラフィックス機能やメモリーコントローラー、通信機能などを統合したSoC(system on a chip)だ。

 クアルコムは、1月7日に「Snapdragon 800」「Snapdragon 600」を発表した。Snapdragon 800はクアッドコアで、動作周波数は最大2.3GHz。現行の「Snapdrago S4」よりも75%高速になるという。グラフィックス性能は2倍になる。最大150MbpsのLTE通信機能を備え、次世代無線LANのIEEE 802.11acにも対応する。現在サンプル出荷中で、2013年半ばに発売する。Snapdragon 600は、最大1.9GHzのクアッドコア。Snapdragon S4より40%高速だ。2013年第2四半期に発売する。

 CESのクアルコムブースでは、Snapdragon 800を搭載したスマートフォンとタブレットの試作機を多数展示し、処理性能の高さをアピールするデモを実施していた。

Snapdragon 800を搭載したタブレット試作機。3Dゲームも滑らかに表示できる。高圧縮の動画フォーマット「H.265」を再生するデモや、3次元の画像処理をリアルタイムで実行するデモも行っていた
[画像のクリックで拡大表示]
Snapdragon 800を搭載したスマートフォンの試作機。IEEE 802.11acの無線LAN機能が動作していた。デモでも実効転送速度は300Mbps以上だった
[画像のクリックで拡大表示]
タブレットをAndroid搭載のスマートテレビと連携させた教育用コンテンツもデモしていた。クアルコムは、こうしたコンテンツを作るためのSDK(開発者向けキット)を2012年から配布している
[画像のクリックで拡大表示]