超低電圧デバイス技術研究組合(LEAP)は、金属原子移動型スイッチ(原子スイッチ)を用いた再構成可能LSIに対応した設計ツールを開発し、初めて論理回路を設計、その動作実証に成功した。技術の詳細を「IEEE International Electron Devices Meeting(IEDM 2012)」で発表する[論文番号10.6]。

ここからは会員の登録が必要です。