プリント基板上のチップ間通信、サーバー間バックプレーン伝送、基幹通信網の光ファイバ伝送などを対象とする「ISSCC 2013」の有線通信分野では、前回(2012年)に引き続き、高速化・低消費電力化・高伝送路損失補償の流れが続いている。また、高速化のニーズに応じるべく、光技術と融合した新しい回路技術の発表が多い点にも注目される。

ここからは会員の登録が必要です。