今からちょうど10年前の「ITC(International Test Conference) 2002」の際に、テスト・パターン圧縮に従事している技術者が集まり、パターン圧縮率の限界が討論された。その後、この技術は非常にホットな話題となるのだが、10年前はまだ出始めの頃で、夜明け前といった状況だった。10年前の議論では「1000x:1000倍の圧縮」が一つの目標であると口にする技術者が多かった。そして10年後の「ITC 2012」(2012年11月4日~9日に米国カリフォルニア州Anaheimで開催)では、その目標はほぼ達成されたと言えるようになった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!