フランスValeo社は、モータでコンプレッサを動かして過給する電動スーパーチャージャを開発し、「パリモーターショー2012」に出展した。排気量が1.0L程度と小さなエンジンで、回転数が1000rpm程度と低い領域で出力を高めたい用途に向く。

ここからは会員の登録が必要です。