近年、多品種少量生産への移行に伴って、一品別(品種別)原価管理精度の重要性が高まってきている。少品種大量生産の時代は、原価を細かい単位で管理しなくても、費用の総額を各品種にざっくりと割り振ることで、ある程度製品別の予算・実績管理や価格設定などを行うことができた。作れば売れる状態であれば、細かい価格や生産量の調整よりも効率的に生産を拡大することの方が重要であり、また品種数が少なければ製品別に原価を把握するのはそれほど難しい作業ではないからだ。

 しかし、多品種少量生産になればなるほど、どの製品が儲けを生み出し、どの製品がそうでないかを把握し、状況に応じてきめ細かい価格設定や生産・販売量の調整、原価改善を行うことが企業の損益を左右する重要な活動となってくる。一方で、そのために必要な製品ごとの原価情報の管理は、品種数の増大に伴って複雑化する。この一品別の原価管理を効果的に行うためのキーとなるのが製品別BOM情報だ。

 今回は一品別原価管理におけるBOMの役割と、そこで検討すべき事柄について解説する。

ここからは会員の登録が必要です。