2014年4月11日、韓国Samsung Electronics社はスマートフォン「Galaxy S5」をリリースした。防水・防塵対応や心拍センサーを内蔵し、エンタテインメントからヘルスケア等まで訴求分野を拡げたフラッグシップ機だ。

 それからわずか2ヵ月ほどで、Galaxy S5の“コピー商品”である「G900T」が発売された。本物が599ドルであるのに対し、こちらは小売り業者によって差があるものの、おおむね170ドル前後。真正品の3分の1以下である。

G900Tの外観
[画像のクリックで拡大表示]
G900T(左)とGalaxy S5(右)の背面
タイトル02
G900T(左)とGalaxy S5(右)の背面
「Galaxy S」などのロゴ以外はほとんど同じだ

ここからは会員の登録が必要です。