ホンダの航空機事業子会社である米Honda Aircraft社(HACI)は2014年6月27日(米国時間)、ビジネスジェット「HondaJet」の量産1号機を初飛行させた。2015年3月までに米国連邦航空局(FAA)の型式証明(TC:Type Certification)を取得する計画だ。HondaJetが米国の空を飛び回る日が近づいている。

 HondaJetは使い勝手を考えて、広い室内、ゴルフクラブ6組を搭載可能な貨物室、ニューヨーク-マイアミ間を無給油で飛行できる航続距離、400ノット(741km/h)以上の巡航速度といったスペックを備える。これらを実現するために、いくつもの新機軸を採用した。その中でも外見的にも目立つのが、エンジンを主翼上面に配置する搭載方式(Over-The-Wing Engine Mount、OTWEM)だ(図1)。

図1●主翼上面にエンジンを積むHondaJet
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは会員の登録が必要です。