自動車メーカー各社が歩行者検知に対応した安全システムの開発や実用化に力を入れています。検知した歩行者との衝突の可能性が高まるとドライバーに警報を出したり、自動ブレーキを作動させて衝突回避を支援するものです。今後の開発の方向性として、夜間の歩行者を検知した場合は、ハイビームの照射範囲を制御して、歩行者にまぶしくないように制御したり、必要なエリアは逆に明るくするといった機能を期待したいです。

ここからは会員の登録が必要です。