「顧客の設計や生産技術部門で採用が決まったと思ったら、調達・購買部門にひっくり返されてしまった」。最近、産業用機器を手掛けるメーカーの方からこうした話を聞くことが増えました。裏を返せば、設計や生産技術の一存で部材や設備などの調達について最終判断ができなくなっているということです。それに伴うトラブルも見聞きするようになりました。

ここからは会員の登録が必要です。