サポートとは、3Dプリンタのように断面形状を積み重ねていくことで立体モデルを造形する手法(積層造形)において、立体モデル以外に造形した仮の部分のことを指す。サポートは元の3Dデータにない形状で、これをわざわざ造形し、造形完了後に除去する必要がある。

 サポートが必要となる理由は、造形中の材料が重力によって落ちないようにするためだ。基本的に、上に向かってせり出していくようなオーバーハング部や、ある高さから突然現れる(例えば部屋に吊り下げられた電灯のような)形状では、仮の土台としてサポートが必要となる()。

図●サポート除去前後の立体モデル
左はサポートを除去する前、右はサポート除去後の状態。
[画像のクリックで拡大表示]

 3Dプリンタを活用する上では、このサポートの特性を把握しておくことが不可欠だ。どのような形状をどのような条件で造形する場合にどのようなサポートが必要となるのかは、3Dプリンタが採用する造形方法によって異なってくる。サポートの存在は、造形時間や使用する材料の量、ひいてはコストにも影響する。サポートの特性を正しく認識することは、3Dプリンタを導入する際の判断材料にもなるし、3Dプリンタの導入効果を高めることにもつながる。