海水中に豊富にあり、実用金属としては最も軽いマグネシウム(Mg)。ここのところ、そのMg関連の新技術に触れる機会が立て続けにありました。1つは、東北大学未来科学技術共同研究センター教授の小濱泰昭氏が提唱するMg燃料電池による太陽エネルギ活用。アルミニウム(Al)やカルシウム(Ca)を添加した難燃性のMg合金を燃料電池の負極として使うもので、使用後の水酸化Mgを太陽熱によって還元してリサイクルし、これにより太陽エネルギを効率的に電気エネルギにしようという構想です。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!