最近、シリコンバレーではWebブラウザでリアルタイム通信を実現させる「WebRTC」の話題をよく耳にする。WebRTCは、特定のプラグインやクライアント・ソフトウエアを使わないで、動画会議や音声チャットなどの双方向通信を実現することを目指している。その実体はJavaScriptのプログラムなので、WebRTCはHTML5の技術群の一つとなっている。

ここからは会員の登録が必要です。