2013年8月31日、営業線では「世界で初めて」(東京大学生産技術研究所教授の須田義大氏)設置された、扉数の異なる車両に対応可能なホームドア(可動式ホーム柵)「どこでも柵」のフィールド試験が西武新宿線新所沢駅で始まり、当日朝に報道関係者に公開されました。このときの様子はすでに紹介しましたし、動作の仕組みはライバルの「どこでもドア」(三菱重工業)とならんで日経ものづくり2012年4月号で掲載しましたので、ここでは新所沢駅で見たディテールを幾つかご報告します。

ここからは会員の登録が必要です。