2013年に入って、日系自動車メーカー各社が燃料電池車(FCV)の開発で欧米のメーカー各社と提携しました。1月にはトヨタ自動車がドイツBMW社、そして日産自動車が米Ford社、ドイツDaimler社と提携したことを発表しました。7月にはホンダと米GM社も発表。一見、各社の提携によってFCVの普及が加速しそうに思えます。ただ、私はその見方に懐疑的です。各社の提携は、FCVの普及時期が想定より遠のいたと考えた結果だと思うからです。

ここからは会員の登録が必要です。