新作の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文芸春秋)が大評判の村上春樹氏は、小説家になる前の若いころ、ジャズ喫茶を経営していました。エッセイなどでたびたび触れられているので、ご存じの方も多いかもしれません。そんな村上氏は、店の経営に必要なこととして以下のように書いています。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!