日本のエレクトロニクス大手に元気がないといわれて久しい。これまでに蓄積してきた技術の優位性を強化しながら、いかにして再び世界と戦うか。その戦略の再構築が求められている。

 『日経エレクトロニクス』の創刊40周年を記念した特集「電機産業の未来」(2011年4月4日号)で、ソフトウエア開発や半導体メーカー、電子部品メーカーの立場で日本の大手機器メーカーと日ごろから接している業界識者が、日本のエレクトロニクス業界や技術者への期待、励ましを語ったインタビュー集を紹介する。

Contents