少し旧聞に属する話ですが、「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日開催、東京ビッグサイト)で、ヤマザキマザックのブースで最も人を集めていたのは、刃物が動く旋盤「ORBITEC 20」でした(図1、2)。普通の旋盤は、高速で“自転”するワークに刃物を当てて削りますが、ORBITEC 20では固定したワークの周りを高速で刃物が“公転”することで削ります。つまり、動くものと止まっているものの関係が逆転しています。

ここからは会員の登録が必要です。