2012年は加工技術の分野において、開発のトレンドがより明確になった。それは「軽量化」だ。昨年の東日本大震災以降、エネルギ不足の問題が継続的に議論されていることもあって、消費者の中で省エネの意識が高まった。販売の一線では「省エネでなければ製品が売れない」という状況になっている。こうした背景から、軽量化をもたらす加工技術にこれまで以上に注目が集まったというわけだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!