「横浜市も、一般家庭に家庭内エネルギー管理システム(HEMS)を導入するなど、エネルギー管理システム(EMS)の確立に取り組んでいる」。横浜市の林文子市長は、スマートシティをテーマにした国際会議&展示会「Smart City Week 2012」(日経BP社が2012年10月29日~11月2日に開催)での基調講演で、ICT(情報通信技術)活用の重要性をこう強調した(写真1)。

 横浜市は、「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」に取り組むなど、市のスマート化に積極的に取り組んでいる。HEMSのほか、ビルを対象にしたビル内エネルギー管理システム(BEMS)や、集合住宅向けのマンション内エネルギー管理システム(MEMS)を導入するほか、これらを束ねる地域内エネルギー管理システム(CEMS)の構築を急いでいる。

 こうした取り組みは、ほんの一例に過ぎない。世界のスマートシティ関連プロジェクトでは、ICTを導入する動きが進展している。

写真1●横浜市市長の林文子氏
写真1●横浜市市長の林文子氏

ここからは会員の登録が必要です。