東京電力 福島第一原子力発電所の事故発生を境にして、日本におけるエネルギー問題は大きく変容した。以前のエネルギー問題は、環境汚染や資源枯渇など、比較的将来を見据えたものだった。この問題が解決したわけではないが、原発の停止による停電という、今日や明日の問題が新たに加わった。当然、代替エネルギーへの注目率は高まる。ただし、エネルギーは日本固有の問題ではなく、世界の動向とは独立に動けない。例えば、シェール・ガスという"新たな"資源が使えるようになりつつあり、最適解のパズルはますます難しくなる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!