マツダで制御安全技術の開発を統括する内藤久佳氏(車両開発本部車両システム開発部長)に、安全技術に関連した試乗会の場で同社の考え方を聞きました。内藤氏は「運転者を尊重することが我々の技術の前提」(以下の発言はすべて同氏)とし、自動車に運転のすべてを任せる「自動運転といった方向を現時点で追わない」方針を明かしました。

ここからは会員の登録が必要です。