「日本製造業を立て直す超ものづくり経営」(日経BP社)の著者、松田龍太郎氏によれば、ここのところ欧州や新興国の企業でカイゼン活動が盛んになっているそうです。「近年までは日本のようなさまざまなカイゼンの取り組みがなかったので、あれこれと迷くことなく、集中して取り組めている」(同書から)。効果も大きく、取り組みが早かったドイツの拳銃製造会社では、10年前に取り組みを始めた当時3~4カ月だった生産リードタイムを、現在では18時間(標準品の場合)に短縮し、仕掛かり在庫を1/40以下にした例があるとのことです。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!