3次元CADで作成したデータを、他の3次元ソフトで読み込み、表示、編集するためには、データ形式の変換が必要になる。現状はファイルを単位とする変換が主流だが、データの利用目的や作業の進行状況に応じて、必要な部分だけを変換する考え方が浮上している。

 3次元設計が進展し、多様な3次元CADが使われるようになった。3次元データを企業間や部署間でやり取りする際に、相手が違うCADを使っている場合も多く、データ形式の変換は避けて通れない。

 しかも、3次元CADはコンピュータへの計算負荷の大きいソフトであり、データ容量も大きく、中に含まれている情報も複雑。用途に応じた変換と活用のためのさまざまなツールが市販されている(一覧表)。

一覧表●3次元CADデータを扱う主なデータ変換/活用ツール
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは会員の登録が必要です。