今回の大震災の影響は予想以上に広がっている。既に,国内自動車業界のエンジン生産数は2010年3月25日までに45万基の減産となったようだ。世界の総自動車生産台数である7500万台からするとまだ小さいように見えるが,これはまだ2週間の数字である。一方,国内の半導体業界への影響は2011年の生産金額が約20%減となる可能性が出てきた。今後どれほど影響が広がるかはまだ不確定要素が多過ぎる。このような状況のなか,今後は半導体産業を復興させるための様々な戦略が立案されるだろう。その中の一つとして,私は日本の半導体産業の一部をブラジルへ移設することを提案したい。

ここからは会員の登録が必要です。