2010年の米国クリスマス商戦は,業界予想よりやや好調に推移した。具体的には,2010年11月はセールス・イベントを前倒したことが奏功して堅調に推移した。同年12月前半も好調だったたが,後半は悪天候の影響で失速した。例えば家電量販店最大手であるBest Buyは,2010年12月売上高が対前年同月比(YoY)-5%減と軟調だった。その内訳は約40%を占める民生機器は同-7.9%,約30%を占める携帯電話・パソコン(PC)が同+7%,その他ソフトやサービスが同マイナスである。

ここからは会員の登録が必要です。