パナソニック,ソニーに続いてシャープが3次元(3D)テレビを発売した。3社を追って8月には東芝も3Dテレビを発売するという2010年を“3Dテレビ元年”と称して,テレビ・メーカーは2次元(2D)に続く“柳の下のドジョウ”を3Dテレビと位置付けているらしい。そこで,この3Dテレビを取り上げ,前回のコラムで議論した“省エネ”をテーマに,今回から2回にわたって連載する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!