特許という単語からいつも筆者が連想してしまうのは,技術に法律が絡み合って難解極まりない内容なのだろうということ。『日経ものづくり』4月号の特報「インクカートリッジ訴訟,キヤノン勝訴の死角」では,この特許にリサイクルまでが加わり,技術,法律,環境の3要素から論議されているため,さらに難解極まりなく映ってしまった

ここからは会員の登録が必要です。