閉じる

東京モーターショー2017

  • 東京モーターショー2017

    ニッパツ、ディープラーニングで座り心地の良いシートを設計

    シミュレーションと組み合わせ、現物なしで快適性を評価する

    ニッパツは、ディープラーニングなどを応用して、座り心地の良いシートを設計する技術を開発、パネル展示の形で「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)で公開した。人が座ったときに、人体とシートの接触面に生じる圧力分布を基に、心地よさの数値指標を算出す…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    東日製作所、トルクレンチに顔認証機能など搭載

    2度締めを防ぐカメラ搭載ヘッドや軸力測定が可能なヘッドを参考出展

    東日製作所(本社東京)は、次世代型トルクレンチのコンセプトモデル「CEM4.0+」を「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日〜11月5日)で公開した。3.5インチの液晶タッチパネルを備える他、顔認証機能などを搭載。交換ヘッドとして、カメラを搭載した「POKA…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    紙すき技術でCFRP製エンジンマウントブラケット

    大豊グループ、プリプレグを再利用する技術を開発

    大豊工業とグループ会社の日本ガスケット(本社愛知県豊田市)は、紙すき(抄造)技術を応用して製造した炭素繊維複合樹脂(CFRP)製のエンジンマウントブラケットを「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日〜11月5日)に参考出展した。プリプレグの端材を再利用する技…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    車両の意思を周囲に伝える「コミュニケーション・ライティング」

    市光工業、自動運転向け技術のコンセプトを出展

    市光工業は、車体の全周に設置したLEDライトで周囲に合図を送る技術「コミュニケーション・ライティング」のコンセプトを「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日〜11月5日)に出展した(図)。自動運転時、車両が周囲の歩行者やドライバーに意思を表現する手段として開…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    スマホと車載機器の連携、トヨタ・日産らはSDLへ

     自動車のインフォテインメントシステムとスマートフォン(スマホ)アプリを接続するオープンソースプラットフォーム「Smart Device Link」(SDL)を管理するSmartDeviceLink Consortium(SDLC)は、日本分科会を設立すると、「第45回 東京モーターショー2017」…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    東京モーターショーで、ベンチャー企業が本音トーク

    未来に向けて、東京モーターショーで大規模な併催イベントを実施

     第45回東京モーターショー(一般公開2017年10月28日~11月5日)の開催に合わせ大規模セミナー「Future Mobility Summit Tokyo 2017」が開催された。両国国技館で10月24日に実施したDay1に次ぎ、10月27日にはDay2として東京ビックサイトでビジネス・ストラ…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    ヤマハ発がシリーズHEVの4輪車を披露、1気筒エンジンで発電

    電池技術の進捗に応じてEV化を想定

    ヤマハ発動機は「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)で、シリーズハイブリッド車(HEV)で4輪のコンセプト車を披露した。名称は「MWC-4」。普通自動車運転免許で運転できる、超小型モビリティーとして位置付ける。日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    5本のボールねじでタイヤがくねくね動く

    NSK、EVの駆動モジュールをコンセプト展示

    日本精工(NSK)は、新開発の電動サスペンションとインホイールモーターなどから成る電気自動車(EV)向けの駆動モジュールのコンセプトモデル「フレックス コーナー モジュール」を、「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:2017年10月28日~11月5日)に出展した。クルマ…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    パイオニア、量産タイプの三次元LIDARを公開

    2020年以降に1万円以下で提供へ

    パイオニアは、MEMS(微小電子機械システム)ミラーを用いた三次元LIDAR(レーザーレーダー)の試作品を、「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:2017年10月28日~11月5日)で公開した。日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    東京濾器、燃料電池車向け水位センサー

     東京濾器は、2017年10月25日に開幕した東京モーターショー(一般公開:10月28日~11月5日、東京ビッグサイト)で、燃料電池車(FCV)向けの水位センサーを出展した。一定以上の水位になると電極間の電圧が高くなる性質を利用した。日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    ダイハツの商用EVコンセプト、電池敷きつめフラットな床面

     ダイハツ工業は2017年10月25日に開幕した東京モーターショー(一般公開:10月27日~11月5日、東京ビッグサイト)で、商用EV(電気自動車)のコンセプト車「DN PRO CARGO(ディーエヌ プロ カーゴ)」を出展した。EV時代の商用車を追求しており、電池を床面に敷きつめてフラットにして荷…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    ばら売りからセット提案へ、ケーヒンの電動車両向け制御システム

    ケーヒンは、電動車両向け制御システム製品群を「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:2017年10月28日~11月5日)に出展した。個々の製品では量産車への採用実績があるが、今後はより包括的な提案に力を注ぐ。日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    デンソーが電動化と自動運転に5000億円、SiCを20年ごろ量産

     「電動化と自動運転の2分野に、2020年までの3年間で5000億円を投資する」――。「第45回 東京モーターショー2017」で開催したプレスカンファレンスで、デンソー取締役社長の有馬浩二氏は今後の研究開発方針についてそう宣言した。同社の研究開発費は「直近3年間で約1兆円」(同氏)。5000億円はそ…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    トヨタのFCVバス、30mm精度でバス停に自動幅寄せ

    航続可能距離は200km、2018年春発売

    トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)の路線バス「SORA」を「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日〜11月5日)で公開した。車両周囲に搭載する8個のカメラで路面の誘導線を検出。操舵と減速を自動で担い、バス停との隙間を30〜60mmの精度で幅寄せ停車できるよう…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    いすゞがEVトラックの構想を披露、荷室はまるで「蜂の巣」

    キャビンを「吊って」振動軽減

    いすゞ自動車は「群知能」に着目して配達効率を高めた電気自動車(EV)トラックのコンセプトを「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)で公開した(図1〜3)。名称は「デザインコンセプト FD-SI」。車両側面を蜂の巣に見立て、六角形の積載用カセット…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    その場でシートをカスタマイゼーション、トヨタ紡織

     トヨタ紡織は、自動車に乗車した人間の体形に合わせてシートが瞬時に変形するコンセプトシート「VODY」を「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:2017年10月28日~11月5日)に出展した。1席分のシートには、エラストマー製のキューブ型部品を300個ほど用いている。その…日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    79GHz帯CMOSミリ波レーダー、富士通テンが2020年量産へ

    富士通テンが、2020年ごろを目処にミリ波レーダーの新世代品を量産する。CMOS技術を使った79GHz帯レーダーで、「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:2017年10月28日~11月5日)に出展した。日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    ささやいて震えるシート、「伝える」に着目したタチエス

    タチエスは、スピーカーや振動子を内蔵したシートを開発した。運転支援システムと連動し、警告を運転者に伝えやすくすることを狙う。クラリオンと共同開発し、試作したシートを「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)に出展した。日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    Mahle、小型EV向けの2モーター電動パワトレ

    ドイツMahle社は、シティコミューターなどの小型電気自動車(EV)やマイルドハイブリッド(HEV)車への搭載を想定した電動パワートレインモジュール「48V Twin Power Drive」を、「第45回東京モーターショー2017」に出展した。日経テクノロジーオンライン

  • 東京モーターショー2017

    電気系統が故障しても操舵できる電動パワステを

    Bosch、フェール・オペレーショナル対応のEPS用駆動ユニット

    ドイツBosch社は、電気系統が故障しても一定の機能を確保できる、フェール・オペレーショナルな電動パワーステアリングシステム(EPS)用パワーパックを、「第45回東京モーターショー2017」に出展した。自動運転車での利用を想定している。日経テクノロジーオンライン

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る