IoTにより、数十億台のデバイスがインターネットに接続される見込みです。よく知られている例としてはウェアラブルデバイスやスマート・ホーム・デバイスがあります。このようなアプリケーションでは、基本的に、便利になることと引き換えにプライバシーの問題が生じます。インダストリアルIoTの場合、得られる利益は膨大です。IoTによって、運用効率の向上、コストの削減、消費エネルギーの削減、ビッグデータに基づく機械学習の利用が可能になります。すべてのデバイスから生成されたデータの分析結果を使用して、運用効率を向上させたり、より良いサービスを顧客に提供することができます。顧客に関するより詳細な分析結果が得られるので、新しいサービスを提供してビジネスを成長させることができます。しかし、今日使用できる多くの無線テクノロジーではIoT要件に対応することができません。特に、距離とバッテリー寿命に問題があります。

******
続きは、ページ下部の「情報をもっと見る」ボタンよりダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

資料:LPWANテクノロジー:特長と課題