IoT(モノのインターネット)インタフェースを備えたデバイスを開発する際に、考慮すべきこととして、多くの無線IoT規格があるということです。各規格にはそれぞれ長所があり、アプリケーションに適した規格を採用することで、大きな利点が得られます。無線規格の中には何年もの間、IoTの選択肢に挙がっていたものもあり、デザイナーはそれらを創造的な方法で適用してきました。IoT規格も進化し続け、1台のデバイスと1台のコンピューターまたはスマートフォンを接続するだけのコンセプトをはるかに超えて、その用途を拡張するための手法が開発されています。1つの重要なトレンドは、インターネットインタフェース層、データのクラウドストレージ層、ソフトウェアアプリケーション層の開発で、これらによってフィールドの無線センサ/アクチュエーターと、クラウドのインテリジェントなソフトウェアが統合されます。この統合により、接続されたシステムをリアルタイムで(あるいはバーチャルリアリティーとして)モニターできるようになります。端末からクラウドまでのIoT接続が期待に応えられるようになるにつれて、IoTカフェのメニューに最近追加された新しい品目により、以前は使用できなかったオプションが使用できるようになっています。では、これらをどのように選択すればよいでしょうか?

******
続きは、ページ下部の「情報をもっと見る」ボタンよりダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

資料:IoT無線テクノロジー入門