自動車業界は、さまざまなテクノロジーを統合した無線接続サービスを次世代のコネクテッドカーに配備する準備を進めています。このようなサービスは2つのカテゴリーに分類できます。1つは将来的な安全性と交通管理の向上につながるもので、車両間の接続と高度なナビゲーションシステムによって実現されます。もう1つは、広帯域セルラー/無線を使用して自動車をインターネットに接続するサービスです。

無線システムが複雑になるにつれて、自動車メーカーは複雑なテストを行い、車両のライフサイクルに渡って確実に接続性能と信頼性を維持する必要があります。このような急増するテストにより、開発時間とコストが大幅に増大する可能性があります。このアプリケーションノートでは、複雑な車両無線システムの実装から生じるさまざまな課題に焦点を当て、携帯無線業界で使用されているテスト手法を採用するための方法を紹介します。携帯無線業界では、通常、テストを開発サイクルの早い段階で実行しています。この段階では、問題がそれほど複雑ではなく、時間もそれほどかからず、修正するのにほとんど費用がかからないからです。この方法を採用すれば、自動車メーカー、ティア1サプライヤ、モジュールメーカーは、コネクテッドカーのビジョンを達成するのに必要な開発時間/コストを大幅に削減できます。

資料:コネクテッドカーの無線システム