Vicor は、幅広い入力範囲(43~154V 入力)である3623(36 mm×23 mm)ChiP ファミリーの次世代DCMをリリースしました。電力レベルは最大240W、効率は93%で、最新の旅客輸送および鉄道インフラのアプリケーションをターゲットにしています。

最新の鉄道インフラストラクチャーには、貨物と旅客の両方の市場にさまざまな新しいサービスを提供するため、幅広いDC-DC コンバータが必要です。
旅客鉄道システムでは、家庭と同様なインフォメーション+エンターテイメント機能を備えたモバイルオフィスの通信機能が必要になってきます。貨物鉄道システムでは、搭載されたすべての貨物の安全かつタイムリーな配送を保証するために、監視や管理機能が必要です。旅客システム、貨物システムの両方で、乗車中、または停車駅においての必要な安全とセキュリティ対策のため、信頼性のある高性能の電力システムが求められています。

DCM は絶縁されたDC-DC コンバータモジュールで、不安定な広範囲の入力でも動作し、絶縁されたDC 出力を生成することができます。
今回発売された新しい鉄道向けChiP DCM は、単一のChiP にて複数の入力電圧範囲をサポートすることが可能になり、電源システム設計を簡素化します。DCM は、1.5in2 未満のChiP パッケージで最大93%の効率を実現し、最先端の電力密度と変換効率をエンジニアに提供します。

.

ChiP DCM
今回発売されたChiP DCM