Vicor はバスコンバータモジュール(BCM)のラインナップに新しい電圧変換比(K)のハイボルテージバスコンバータを追加しました。 新しいK=1/16, 700 Vの BCMは、1.75kWの出力レベルと97%のピーク効率を提供し、700W in³ の電力密度を備えています。このデバイスは、放熱特性の良い4414(111 x 36 x 9.3 mm)VIAパッケージで提供され、シャーシマウントまたはボードマウントのオプションと4.3 kVの絶縁耐圧スペックを持っています。堅牢なVIAパッケージは、PMBus™通信、EMIフィルタリング、電圧トランジェント保護も提供します。これらの柔軟性のあるモジュールは、より大きな電力の為に容易に並列運転が可能です。さらに、BCM出力を直列に接続してより高い出力電圧に対応することもできます。
BCMは、有線無人車両/航空機、配電システム、3相フロントエンドなどの幅広いアプリケーションに理想的な電源コンポーネントです。 BCMは絶縁されていないフロントエンドとしても使用でき、VicorのZVS PoL BuckおよびBuck-BoostレギュレータまたはPRMおよびVTMの多数の電源を、ファクトライズド・パワー・アーキテクチャにて供給することができます。
新しいハイボルテージBCMは、「Tグレード」(-40℃〜100℃)または「Cグレード」(-20℃〜100℃)の温度グレードで利用できます。 「Mil グレード」  (-55℃〜100℃)は、2017年末までにリリース予定です。

■ 700V のBCMは3相のアプリケーションに対応
AC整流とPFCの後にDC-DC変換を提供する700V BCMは、電源システム設計者が小型で効率的な3相システムをSELV出力で開発するための小型で効率的な電源コンポーネントを提供します。 400V〜700Vの入力対応デバイスは、公称380VRMSおよび400VRMSの入力AC-DC変換ニーズに対応しており、工業用アプリケーションによく見られます

■ 遠隔無人車両/航空機 がハイボルテージのDC給電と双方向機能から得られるメリット
1:16の変換比と双方向の動作により、ウルトラハイボルテージBCMは大気、海、地下探査に使用される遠隔無人車両にとって理想的なソリューションになります。双方向動作により、システムはステップアップしてライン電圧を降圧し、I2R損失を低減し、電源分配ケーブルのサイズ、重量、コストを大幅に改善し、大幅なシステム効率向上を実現します。給電に高い電圧を用いることにより、無人航空機(UAV)の有線の断面積、また重量を低減して、より大きな動作範囲を可能にすることができます。

ウルトラハイボルテージバスコンバータ
ウルトラハイボルテージBCMファミリー