日本では、建築基準法の規定により制御システムについて標準化が行われているエレベータは、建屋設計に関連した製品という位置づけになります。

その性質から幅広いデザインへの要求や、オーダー要素の高い要望が多く、また近年の高層化建築の増加により設計に携わる方々は日々頭を悩ませておられました。