自動車メーカーではひとつの製品に1〜2万点もの部品が使われるため、在庫管理や作業実績の把握などを行うには多大な手間と労力がかかります。

トレーサビリティを確保し、こうした作業を効率化する方法としては、レーザを用いて部品に直接コードを印字するダイレクトパーツマーキング(DPM)が普及してきています。

しかし金属部品のように光沢の強い部品の場合、照明の種類や設置条件でコードが不鮮明になり易く、コードリーダで読み取れない場合があるという課題がありました。

これまでは、どのような対策を取るにしても、機器のセットアップに時間がかかることが課題となっていました。

今回IDECがご提案するソリューションとは…?