自動車製造の現場では、人とロボットの「協働」が生産性改善のキーワードとなりつつあります。

しかし、そこで問題になるのが安全です。

従来は安全柵を設置してロボットと人を隔離することで安全を確保していましたが、柵のない環境でも安全を確保できなければ、協働作業は実現できないからです。

協働作業の安全を確保するには、どのような対策が有効なのでしょうか。
以下のボタンより、ソリューションの詳細をご確認ください。