建設機械では、エンジンを車両の駆動と作業機の駆動の両方に用いるPTO(=Power Take Off)が採用されています。

例えば、パワーローダーであれば、操縦席にあるスイッチを押して車両の駆動とショベルの駆動を切り替えることにより、足元のアクセルを踏み込むだけで2つの役割をこなすことができます。

皆さんはこのような建設機械の機構に、人身事故のリスクがあることを認識されていたでしょうか。

ぜひ、以下のボタンより、建設機械での事故発生を予防するためのソリューション例をご確認ください!