生産現場では人とロボットの協働する環境が増えてきています。
本来ロボットは危険源であるため、そばで人が作業するには徹底的なリスクアセスメントと適切な措置の実施が義務付けられています。

「第三者にもリスクアセスメントに加わってもらって可能な限り安全性を高めたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

詳細は以下のボタンをクリックしてご確認ください。