倉庫の中でも限られたスペースにモノを保管する場合には、電動式移動ラックを用いるのが一般的です。
その際、モノの上げ下ろしには基本的にフォークリフトが用いられますが、倉庫内の清掃やメンテナンスの際など、生身の人間がラックの間に入って作業を行うことがあります。

事故を防ぐための、IDECからのご提案とは…?
ぜひ、続きを以下のボタンよりご確認ください!