お客様の正しい計測のために、HBMは計測の基礎と応用を学べる無料セミナーを全国で開催しています。今回は関西(HBM大阪オフィス)で午前と午後に実施する技術セミナーをあわせてご案内いたします。

7/20<午前> 10:00~12:30 HBMモータ駆動効率評価講座
7/20<午後> 13:30~16:30 HBMパワエレ基礎講座

・日時:2018年7月20日
・セミナー会場:HBM関西営業所-JR新大阪駅下車、徒歩8分 
 大阪市淀川区宮原3-5-24 新大阪第一生命ビル13F

【お申し込み】:WEBからお申込みください
(下のボタンをクリックし、HBMの計測技術アカデミーに掲載されたご希望のセミナー名/日程をクリックしてお申込みください。1Dayコースの場合は、午前と午後に開催される2講座へのお申込みが必要です)

~ セミナー概要 ~
7/20<午前> 10:00~12:30 HBMモータ駆動効率評価講座

モータ駆動システムでは大まかに、バッテリ(電源)→インバータ→電動モータと開発ステージが分けられます。システム設計において、各々のステージで効率化が求められ、最終的にはシステム全体の効率アップが求められます。それぞれの設計部門を横断的に評価ができる試験方法が重要になります。本講座ではモータ駆動システムにおける重要な構成部品である電源、インバータ、モータの多チャンネル信号を、統合的に評価できる効率評価システムと分析手法を、実際のeDriveの操作を交えながら、解説します。ドイツや米国のEV開発における最新使用例も紹介します。

受講のメリット/目的>>オシロスコープのような操作性をもつ多チャンネルシステムを使ったモータ駆動効率評価方法で、数日かかっていた評価を瞬時に完了できる

7/20<午後> 13:30~16:30 HBMパワエレ基礎講座

電動モータ市場の急拡大により、機械系から電気系を横断的に評価できる試験方法の重要性が増しています。機械系エンジニアにとっても制御技術としてのパワーエレクトロニクスの知識は不可欠になりました。 この講座は弊社のビジネスパートナーである長岡モーターディベロップメント株式会社の佐藤様にご協力いただき、“メカ”と”パワエレ”の世界をつなぐ導入講座として、様々な電気回路に関する用語と、スイッチング回路(インバータ)を題材とした基本知識を学びます。モータの駆動信号はインバータからどのようにして出力されるのか、またその出力情報がどのようにインバータへフィードバックされるか等、基礎的なモータ/インバータ回路のふるまいが理解できます。

受講のメリット/目的>>"メカ”と”パワエレ”の世界をつなぐ制御技術としての基本知識が身につく