SLB700A /06VAは、電子回路を内蔵したひずみセンサで、ネジで構造物に簡単に取り付けることができます。構造物に加わった力により生じるひずみを確実に計測します。通常、ひずみ量は力に比例するので、適切に校正が行われていれば、ひずみセンサを用いて負荷を計測することができます。この原理は、「フォースシャント(力の分岐)による力計測」とも呼ばれます。

SLB700A/06VAは パッシブタイプのSLB700A と同様に堅牢ですが、計測アンプを内蔵することにより高いコストパフォーマンスを提供します。非常に大きな力を高い信頼性で計測でき、ゲインを再校正できるため、装置の仕様を変更しても対応が可能です。