HBMの力センサ(ロードセル)には大きく分けてひずみゲージ式と圧電式があります。アプリケーションによっては圧電式の方がひずみゲージ式よりも向いている場合があり、特に狭い場所や高温環境での利用には圧電式が推奨されます。

多様な圧電式力センサの種類や動作原理を知っておくことは正しい機種選定や高精度計測、効率的で高品質な生産につながります。今回の最新技術資料では、ドイツ本社の製品担当が圧電式力計測の基礎知識をわかりやすく解説します。