ひずみゲージを使って計測を行う際は温度による影響を十分に考慮しなければなりません。影響を受けやすい物理量は何かを把握し、環境要因にも配慮しながら、各項目に適切に対処する必要があります。逆にこうしたポイントをおさえて準備や補正を行えば、温度が変動してもひずみゲージは信頼性の高い計測を行えます。

今回の技術資料では、HBMドイツ本社のひずみゲージ関連製品マネージャーJens Boersch(イェンス・ベルシュ)が、様々な不確かさ要因の中から「温度による影響」をテーマに注意すべきポイントをイラスト付きで紹介しています。温度変化による精度エラーを回避するためにぜひ覚えておきたい基礎知識です。